肝油の効果と副作用

肝油は魚の肝臓の脂質を凝縮し飴状にしたりカプセルに詰め込んだものです。従って魚の肝臓に含まれる栄養素が豊富に含まれており、効果もこれに準じます。

 

特に豊富なのがビタミンAであり、肝油は元々ビタミンAの補給を目的として作られたものでした。ビタミンAが不足すると体の粘膜、特に目に大きな影響を及ぼし、夜盲症を始めとした様々な目の障害を発現することとなります。

 

また口腔内の粘膜や皮膚などが荒れる原因にもなります。これらの問題が肝油を摂取することで解消でき、お肌や粘膜を整え目の機能を正常に保ちます。また近年注目されている肝油の効果に、オメガ3脂肪酸が補給できることがあります。

 

魚油に含まれる必須脂肪酸であるオメガ3脂肪酸は体内で合成することができず、血液の状態をサラサラに保ったり血中の中性脂肪を減らしたりと非常に重要な働きを担います。

 

魚の消費量低下から海に囲まれている日本人でさえ摂取量が不足してきていると言われるこのオメガ3脂肪酸を手軽に補給できる手段としても再注目されています。

 

一方でその豊富なビタミンA含有量のため、摂取量を誤ると過剰症が出やすいことも昔から知られています。ビタミンAは脂溶性ビタミンであり体内の脂質内に溶け込み長期間保持されます。

 

ビタミンB群・Cのような水溶性ビタミンは毎日尿に溶け排出されるため、摂り溜めができない一方過剰症もほぼ発現しませんが、ビタミンAは摂取しすぎると重めの過剰症が発生します。

 

皮膚のかゆみや嘔吐から始まり、極端な過剰摂取では皮膚から出血が起こったり皮膚表面の皮がどんどん剥けてきたりします。またビタミンAの過剰摂取には催奇形性があることもわかっていますので、妊娠中、または妊娠予定のある女性は特に注意が必要です。

おすすめ肝油サプリ!

DHA&EPA オメガプラスの特徴

DHA&EPA オメガプラスは、深海鮫の肝油から摂れたエキスを凝縮したサプリメントになります。深海鮫肝油由来のスクワレンをはじめ、DHA&EPA、亜麻仁油・クリルオイル・アスタキサンチンなど話題の健康成分を幅広く、そしてたっぷりと含有しています。1日あたりに1000mgをゆうに超える有用成分を補給可能。また、1日あたり約15円から飲めるコスパも人気の理由です。

価格 1666円
評価 評価5
備考 スクワレン・DHA&EPA・亜麻仁油・クリルオイル・アスタキサンチンなど

肝油サプリランキングの続きはこちら