肝油はコレステロール値を上げてしまう?

肝油は名前の通り、魚の肝臓の脂質を凝縮したものです。ですから脂質を摂取することによるいくつかの疑問が浮かぶ人も少なからずいるでしょう。

 

その一つがコレステロール値を上げてしまわないかどうかです。結論から言いますと、多くの場合肝油を常用することでコレステロールを上げることに繋がると思いますが個人差があり、また単に脂質を摂取したからコレステロールが上がるという単純なものではなく、そのメカニズムは複雑なものです。

 

肝油に含まれるコレステロールを上下する主な成分は二つあります。一つはオメガ3脂肪酸で、もう一つはスクワランです。オメガ3脂肪酸は血液サラサラ効果などでも知られる通り、血中の余分な中性脂肪を減らしてくれます。

 

余分な中性脂肪はコレステロールの元となるため、間接的にコレステロールを低下させる働きがあると言えます。

 

一方でスクワランはコレステロールの直接の材料となり、体はこの材料となるスクワランを体の中に取り込むと、コレステロールが必要であるかどうか、あるいは今血中にコレステロールがどれだけあるかに関わらず作れる分だけコレステロールを作ってしまいます。

 

そのため少なくとも短期的には肝油を摂取することでコレステロール値が上昇し、コレステロール生成量の調節機能が衰えていたり食事によるコレステロール摂取量が過剰だったりすると、肝油を摂取し続ける限りずっと高コレステロールの状態が続くと言えます。

 

体質による影響の差もあるため、もしコレステロールに対するリスクの高い人は肝油の摂取を控えなければなりません。

おすすめ肝油サプリ!

DHA&EPA オメガプラスの特徴

DHA&EPA オメガプラスは、深海鮫の肝油から摂れたエキスを凝縮したサプリメントになります。深海鮫肝油由来のスクワレンをはじめ、DHA&EPA、亜麻仁油・クリルオイル・アスタキサンチンなど話題の健康成分を幅広く、そしてたっぷりと含有しています。1日あたりに1000mgをゆうに超える有用成分を補給可能。また、1日あたり約15円から飲めるコスパも人気の理由です。

価格 1666円
評価 評価5
備考 スクワレン・DHA&EPA・亜麻仁油・クリルオイル・アスタキサンチンなど

肝油サプリランキングの続きはこちら